おんていという自分の存在

今回はシリアスなお話です。なのでそういう話が苦手な方はバックでお願いします!!
いや割とマジで。
それでも大丈夫って方だけ読んでくださいね、絶対ですよ!?

昨日、ツイッターで知っている方は知っているでしょうけれど、7時間ほど行方不明になっていました(家族談)
きっかけは酒に酔った父の一言だったのですが、それ以外にも常日頃から悩みを抱えていたにも関わらず誰にも頼ることができず、やりたいこともやれなくなるほど身体もダメージを負っていました。
『楽になりたい』というそれだけで薬を過剰に飲みすぎること―――OD(オーバードーズ)と呼ばれる死よりも苦しい結果しか待っていないと言われるそれを最近何度も行うようになり、結局それをしたところで親も「ODじゃ死ねないからやめておいたほうがいいよ」と言うだけ―――どこかで助けを求めていたのかもしれません。しかしその助けを求めようとする行為も、今の自分の環境を考えると許されないのではないかと思ってしまい、差し出された手に向かって伸ばすことすらできなくなっていました。
表向きはこんなこと決して出しません。私の生きがいは『自分の行為で他人を笑顔にできること』なのですから。私を知ってくれているほとんどの方が、私の生放送や作品を読んだり見たりして、笑ったり楽しんだり――――そういう反応を見て、私は自分のアイデンティティを得ることができる人間だと自覚しています。
しかし、やはり自分を大事にできない人間が他人を大事にできるわけがない、といった言葉をどこかで聞きましたがその通りですね。結局自傷行為に走った結果、多くの私を知っている気にかけてくれている方々に多大な迷惑をかけてしまった。
どうしたんだ!? って驚かれるのも無理はないかもしれません。だって表向きはそんな鬱と呼べる部分を決して表に出さないのですから。暗い部分は蓋をして、表向きだけでも明るくいられれば、空元気でも生きる希望が見いだせるのではないか――――ずっとそう信じてきました。
今も昔も、私はニコニコ生放送と、その放送に来てくれるリスナーたちによって一番支えられています。皆さんの支えがなければ、私はとっくの昔にこの世から身を投げ出していたと思います。本当にそこだけは何度も言っていますが感謝しています。
私の根本には、まだ『社会に適応できないクズな人間』という考えが定着しています。でもそんなクズでもリスナーの皆さんは、私を温かく出迎えてくれる―――そんな温かな皆さんの気持ちに触れて、私はいつも癒されているのは間違いありません。
もし今後も私の放送が続くようであれば―――どうかこんなクズな私でも、静かに見守ったり、いじったり、好きなように話しかけたりしてみてください。

最後に改めて、ここまで読んでくださった皆様と、日ごろからお世話してくれている皆様に最大のお礼を。ありがとうございます。

3 thoughts on “おんていという自分の存在

  • 2015年8月23日 at 22:18
    Permalink

    おんていさん
    放送中にはそんな感じは出ていなかったのに思いつめてらっしゃったんですね・・・
    私も会社で上司に怒られ、悔しくて鬱かと思う状況になったことがあり、自傷行為も考えたことがあります。

    月並みですが、やはり、誰かに打ち明けて、気持ちを少しでも楽にするのがいちばん簡単な方法かと思います。それは友達でも職場の方でも親身になって聞いてくれるリスナーの方でも良いかと思います。

    本当にたまにしか聴きにいけませんがおんていさんの素敵な放送が今後も聴き続けられたらと思います。
    遠くからですが陰ながら応援しております。
    苦難に負けないで!

    Reply
    • 2015年8月27日 at 19:38
      Permalink

      まずはコメントありがとうございます。
      誰でも辛いことがあるのは分かっています。だからこそ少なくとも自分はそんな一面を見せないよう放送中は皆さんが楽しめる、現実をその時だけでも忘れて楽しめるような配信を目指そうとしていたため、それができない時は配信しないようにしていたのですよ。maomaoさんもそうして天則やら他の配信を見ていてくれたのなら、私としては本望です。
      結果的に「生きろ!」とあの世からもこの世からも同時に言われてしまった気がするので、素直にこれからどうすればいいかを見つめて現実と向き合い続けようとは思ってます。
      いつも見守ってくださり、本当にありがとうございます。maomaoさんもご自愛くださいませ。

      Reply

コメントを残す