小説が1章完成した報告もかねて

ブログ更新。
小説カテゴリーで話すことについてはいろいろありますが、このカテゴリでは主に

・メインオリジナル小説
シャイニングブレード~十三の光~
スターセイバーズ~虹杖の記憶~

・サブオリジナル小説
自然保護隊スターフィル

・二次創作小説
東方闇魂歌~The Devil Dark Soul
東方光輝伝シリーズ

について語っていくかと思われます。

それぞれの簡単な説明をしていこうかと思います。

・シャイニングブレード~十三の光~
主人公であるフェシー・エンディルは、ある日故郷の雪国ハイデルの前で吹雪の中、森の中から脱出した直後に倒れ、一部の記憶を失ってしまう。幼馴染であるオルテアに助けられ、自分の記憶を探す旅に出ると同時に、ハイデルと友好国である星の国で問題が起きていることを知り、その問題解決の依頼を請け負うことになる。しかしこの旅の始まりは、世界リクワイアの運命を動かすきっかけとなったことを、この時の彼らは知る由もない―――。

・スターセイバーズ~虹杖の記憶~
リクワイアに存在する星々の1つであるアノム星。その星には魔法を知り扱う者と、魔法を知らず平穏に暮らす人々がいた。平穏に暮らす彼ら――マン人を守る組織、『スターセイバーズ』に所属する月見未来は(つきみみらい)は、弟の勇(いさむ)と共に瑠洸学園という学校へマン人を守るために潜入し、マン人と同じように生活をしていくこととなった。その後にできる友達や学園で人気の男子など、様々な人と交流していくが―――。

・自然保護隊スターフィル
マアスンと言う場所には、魔法を知らず平穏に暮らすマン人が住んでいた。だがその一人である少女ロムネ・ミキルドは、魔法も亜人種の存在も信じていた。そんな中で、彼女は一人の少年と出会う。その少年の名はスターフィル。彼は自然を保護するために組織された『自然保護隊』に所属する少年だという。そして彼の事情により、ロムネはスターフィルと同居することとなる―――。

・東方闇魂歌~The Devil Dark Soul
幻想郷に、1つの光が降り注ぐ。博麗神社の裏に倒れていたのは、魔理沙と似た魔法使いの姿をした少年だった。彼の名はフェシー。彼の希望で、霊夢と魔理沙はフェシーの仲間たちを探し出すことになる。そして仲間たちと再会した後、神社に突如として現れる謎の黒い霧。幻想郷に迫る危機。闇のオーラが幻想郷を包み込む中、霊夢たちが決断したこととは―――。

・東方光輝伝シリーズ
シリーズ第一弾
 幻想郷に新たな異変が起こった。霧の湖の中心に突如として現れた、天まで伸びる1つの光の柱。それは幻想郷中の妖怪たちを弱らせ、1つの異変として霊夢は魔理沙と共に湖へと向かうことになる。その一方で1人の男が行動を起こす。彼は幻想郷の人間ではない“外来人”であり、そして彼はその異変の正体を知っていた。

シリーズ第二弾(現在執筆中)
 なんとか異変を解決させた霊夢と魔理沙は外来人の男――レッドと出会い、彼の要望で異変を起こした武器『シャイニングブレード』の持ち主である少女を探すことになる。そして再会を果たした時、幻想郷に再び異変が巻き起こる―――。

 
 
 

こんな感じですね。いくつか小説を楽しみにしてくれている人もいるので、頑張って完成させたいなーと思います。
頑張りますよー!

コメントを残す